エンタメ 映画

新型コロナウイルスの脅威!映画コンテイジョンは世界のパンデミックを予見していた!?

  1. HOME >
  2. エンタメ >

新型コロナウイルスの脅威!映画コンテイジョンは世界のパンデミックを予見していた!?

皆さんコロナウイルスで自粛中だと思いますが、ずっと家の中いると気分が滅入りますよね。

僕の場合はこの機会にいろんな映画を観ようと思い、動画サイトで面白い映画がないか物色しています。

そんな中、いつものようにAmazonプライムで映画を探していたら、まさに今の世界の状況を予見していたかのような映画があったので、今回その映画をご紹介していきます!

ちなみに少なからずネタバレは含んでいるので、何の情報も入れたくない!って方は注意してください。

映画 コンテイジョンってどんな映画?

ざっと説明するとこんな映画

2011年に公開された映画で、コンテイジョン=接触感染って意味らしいです。

スティーブン・ソダーバーグ監督(「オーシャンズ13」「トラフィック」)が豪華キャストで描くパニックスリラー。

映画コンテイジョンのあらすじ

香港で仕事を済ませたベスはアメリカに帰国するが体調を崩し、ベスの夫のミッチは病院に運ぶがベスは原因不明の病気で死んでしまう。それと同じタイミングで香港・ロンドン・東京でも同じ症状で人が倒れ、謎のウイルス感染が発生する。新型ウイルスが全世界に広がっていき、米国疾病対策センターや世界保健機構(WHO)がウイルスの起源を突き止めるために動き、陰謀論者のジャーナリストがブログや動画を使って人々を扇動し恐怖を煽る・・・

ざっくり言うと、高確率で死に至る感染症によってどんどん人が死んでいって、世界中が大パニックになるって話。それだけ聞くとこんなタイミングで滅入ってるのにさらにそんな映画観て滅入らせるんじゃないよ!って思うかもしれませんが、映画のストーリーが今現実に起きているコロナウイルスによる脅威とかなり酷似しているんです。

映画コンテイジョンの見どころ①

まずキャストが凄い!有名どころが揃っています。

  • マリオン・コティヤール(「ビッグフィッシュ」「インセプション」)
  • マット・デイモン(「ジェイソン・ボーン」「フォードvsフェラーリ」)
  • ローレンス・フィッシュバーン(「マトリックス」「ジョン・ウィック:パラベラム」)
  • ジュード・ロウ(「シャーロック・ホームズ」「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」)
  • グウィネス・バルトロー(「セブン」「アイアンマン」)
  • ケイト・ウィンスレット(「タイタニック」「エターナル・サンシャイン」)

個人的に好きな俳優さんばかりなので、これだけで観ていて飽きない!

映画コンテイジョンの見どころ②

この映画の主役はウイルスそのものです。なのでこの人がメインパーソンかな?と思って見ていると、突然死んだりします。初見の時はそこに驚きました。

映画コンテイジョンの見どころ③

何より凄いのは、今現実に起きているコロナウイルスによるパニックと酷似していることです。この映画を観たのが3月中旬頃だったんですが、映画で描かれていることが徐々に現実世界でも起きていっている点です。今コロナは大分落ち着いてきているように思いますが、今後この映画のようにさらに酷くなっていくんじゃないかと思わせます。

映画コンテイジョンの見どころ④

最後の最後にちょっとしたシーンが流れるんですが、そのシーンを観た後に映画の内容を振り返るとその意味が分かります。まさに因果応報とはこのこと・・・。

まとめ

これ以上書くとどんどんネタバレに繋がりそうなのでこの辺にしておきます。気になる方はAmazonプライムなどの動画サイトで観れるのでチェックしてみてね。

それでは、またね!

-エンタメ, 映画

Copyright© OnDoku , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.